ネットビジネス、禁止した方が良いコンテンツその2

では二つ目です。これは政治の話です。

なぜ政治の話がダメなのかと言うと特定の政党や偏った思想の人が多いからです。

そういった人は議論で立ち向かってくることが多くなんとか自分の理論で相手をねじ伏せたいと思っている人が大半だからです。

本当のことを話せば、倉本自体は政治の話は大好きです。
真のリーダーシップや身を捨ててでもみんなのために頑張る姿はアニメのヒーローなど比較にならないほどかっこいいです。

しかしこれはどうしてそのようなことになるのかと言うとある候補が勝つことによって、落選する候補もいるわけです。

地域などでもどちらにつくかによって得られる恩恵に差が出てきて僻みや妬みが生じます。

こうなってくると後は炎上あるのみになってしまいます。

情報発信、稼ぐ系はなんでもフリーダム、制限
はないこれは建前です。入ってわかったことですがお話ししたように実際には壁があります。

でも実際に壁があるわけですが、それでも現実の世界に比べればはるかにフリーダムなもの事実です。

こういったことも、わかる人は最初からわかると思います。しかし自分はわかりませんでした。
分かっている人も、在籍年数が長いからわかったなんて人も結構いらっしゃいました。

これはどういったことかと言ったら、飲み屋の会話のルールのようなものだと思うんですよね。

自分が、深夜の飲み屋のお姉ちゃんにでもなったようなそんな気分で学ばなければならない多少特殊なルールだと思います。

特に2、3年前に流行ったトレンドブログの流れそのままに自分ブランドで情報発信を行うと思わのアンチに足をすくわれるということにもなりかねません。

特に政治の話をする人は相手のことなどは考えていない、相手を議論で圧倒するだけこれしか考えていませんので。

しかし本当はみんなで国を良くしていくことは大切なはずです。すべての心の壁を取り払うことは本当に難しい。だけどそれが現実で、自分ができる発信を地道に続けていくことでしかない、政治に頼るのではなく自分の発信を頼りにやって行くのみだと思います。

その先に未来はあると思います。