今日はネットビジネスの理系と文系ということについてお話します。

自分ネットビジネスを初めてもう3年が経とうとしています。今振り返って気がついたんですけど、ネットビジネスってたくさんあると思いますよね。

ざっとアゲるとブログ執筆、メルマガ配信、アフリエイト、ヤフオク、不動産、FX、アルバイト、せどり、ほかまあビックトモローなどに掲載されているようなビジネスが思い浮かびますよね。

自分は今まで書いてきてなかったですけどゆうきんさんの、クレオバースアカデミーと言うネットビジネスの塾の塾生です。

こうこういったブログ作成を中心としたビジネスは、文系の自分にはもってこいだしできるだろうと思いました。

しかしはじめてみると、全く記事が書けない自分がいるのです。
本業の仕事に忙殺されてなかなか記事に手がつきません。

師匠のゆうきんさんはさまざまな方法で導いてくれようとしましたが、なんと3年の月日が経ってしまいました。

ふと先月思ったのがネットビジネス、特にブログとメルマガを主体としたビジネスは、理系的な考えが必要なのではないかと思ったからです。

なぜなら、ブログとメルマガは理系的なセンスが必要な部分が多いと思うからです。

どのような部分が理系的なのかと言うと、基礎的なインプットお長く続けていく必要があるからです。僕は理系のその家庭が初期の頃は単純作業の繰り返しでストーリー性がないからです。

小学校のころの算数に比べて、社会や理科って面白くなかったですか?
郊外に出たり、虫眼鏡を使って紙を燃やしたり僕はこういったことが大好きでした。

ですが算数は小難しいばかりで、先生にはさんざん怒られ、いい思い出はありません。

こうして一旦嫌いになってしまうと、以後中学、高校までさんすう、数学には患いました。

一天、ネットビジネスって、ブログって、文系の作業そのものに思いませんか?

ストーリーを高らかに語り、夢を絵がくところなどは。

ですが、地道に作業を続け、記事を書き俺の繰り返しですよね?

そういったことで完全に挫折してしまいました。
この挫折感がとても算数や数学ができなかった自分の体験ととても感覚が似ているのです。

算数や、数学ができるごにはできる、できない自分がどのようなこわできない。これは本当に悔しいです。

結局、ストーリーなどが強い社会、歴史、国語、語学、などの暗記系科目ばかりに逃げるようになってしまいました。

それでもコンピューターが好きで工業高校には進学しました。笑。

算数や数学、理系の悪口ばかり書いてしまいましたが、これらの科目って基礎をしっかりやっていればある時急に、上昇するんですね。この辺はちょっと説明が長くなるのでまた行うばかしようと思います。

たいして自分がまさに文系だと思うのは、お金をチョコに投資して行う物販などです。

文系教科などの作業は暗記中心でストーリーにはまればすごく覚えますよね?

自分などは戦国時代、安土桃山時代、明治維新、太平洋戦争などが大好きです。

また太宰治、国語の近代文学なども普通科では無いのですが好きな作品多いです。

これら文系科目は暗記さえすれば、自分が好きになればどうにかなる科目だといいます。

結果が出るのが早いと思います。この結果が出るのが早いのが文系科目の物販、ヤフオク、せどりに似ているところだと思います。

このブログが、メルマガ主体のビジネスは文系のようですが、はじめてみると何から手をつけて良いか分からないことが多いと思います。

そして何かしら記事記事を書き続けなければならないので、ここで挫折が来ます。

広告を教育する記事を自分もあげましたが、少々の興味では挫折してしまいます。

ですがここが辛抱のしどころだと思います。持ちこたえて100記事、200記事お越えれば、超える過程でメンターから指導者から良いアドバイスをもらえれば必ずや、マネタイズつまりお金の入るポイントにたどり着けるはずです。

このあたりは、ではSEOなどがどうなるのかとか、そういった疑問もあると思いますが、オリジナルのコンテンツの積み重ねを重視するグーグルの仕組みを理解すれば不安はなくなります。

この他、ちょっと文章にあらわしにくい点はYouTubeのほうに収めましたのでリンクからご覧ください。